文字サイズ

青山製図11のサポート制度 ★7-1/7-2教育訓練 給付金・支援給付金

入学時のサポート

1、特待生推薦入学
「入学金」 昼間部:24万円/夜間部:12万円を免除いたします。
(※「指定校推薦入学」願書で出願の方は「選考料」昼間部:2万円/夜間部:1.5万円をプラスして免除いたします。)


(高等学校卒業予定の方)
評定平均3.7以上(5段階評定)で、出願時までの欠席日数が15日以内の方。
本校を単願の方。
選考方法
 ・筆記試験:一般常識・数学Ⅰで定める評価点以上の方。
 ・書類審査。
 ・個別面接。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(高等学校卒業した方)
評定平均3.7以上(5段階評定)の方。
在学中の欠席日数が15日以内の方。
担当教員の推薦がある方。
本校を単願の方。
選考方法
 ・筆記試験:一般常識・数学Ⅰで定める評価点以上の方。
 ・書類審査。
 ・個別面接。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(大学・短期大学・専門学校卒業した方)
学業成績が標準以上の方。
出席状況が良好の方。
担当教授・担当教員の推薦がある方。
本校を単願の方。
選考方法
 ・筆記試験:一般常識・数学Ⅰで定める評価点以上の方。
 ・書類審査。
 ・個別面接。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(留学ビザを持つ方・海外から直接受験する方)
一般入学出願資格(※募集要項参照)を満たし、さらに以下のいずれかに該当する方。
① 日本語学校就学者は、出席日数が総授業日数の90%以上の方。
② 日本語能力試験N1(1級)に合格した方。
③ 日本留学試験(出題言語が日本語)の日本語の科目が300点以上の方。
選考方法
 ・筆記試験:日本語テストで定める評価点以上の方。
 ・書類審査。
 ・個別面接。



2、指定校推薦入学
「選考料」 昼間部:2万円/夜間部:1.5万円を免除いたします。
(※「特待生推薦入学」で合格し、更に「指定校推薦入学」の方は「入学金」 昼間部:24万円/夜間部:12万円免除にプラスして、昼間部:26万円/夜間部:13.5万円を免除いたします。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(高等学校卒業予定の方)
「指定校推薦」出願書で出願。
 本校を単願の方。
 評定平均2.8以上。
 出願時までの欠席日数が20日以内の方。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(留学ビザを持つ方・海外から直接受験する方)
「指定校推薦」出願書で出願。
 本校を単願の方。

(※指定校の対象校は「入学相談室」までお問合せください)



3、併願制度
他校・大学・短期大学・専門学校・職業訓練校・公務員試験等を併せて出願できます。

本校を一般入学で出願。
「併願申請書」で申請のあった併願校の選考結果発表日まで有効です。
併願校の選考結果発表日は、平成30年3月9日(金)までとします。



4、編入学制度
大学・短期大学・専門学校から本校専門課程2年次へ編入学できます。

大学・短期大学・専門学校卒業した方
一般入学での出願。
大学・短期大学・専門学校等で、本校の専門課程1年次相当の科目を履修し、
修得したと認められる方。



5.入学紹介制度
出願の方の「選考料」昼間部:2万円/夜間部:1.5万円を免除いたします。
紹介者の方に記念品3万円相当(図書カード予定)を紹介者入学後贈呈させていただきます。


卒業生・在学生から知人・友人・兄弟等の方を紹介。
出願提出前か同時に「紹介状」を提出。
出願の方が入学を認定されて適用されます(入学辞退は無効となります)。

入学希望者紹介制度ご案内Adobe PDF icon

「紹介制度」シートはコチラからExcel icon(38KB)



6、優待制度(卒業生子息・子女等)《鹿光学園育英会》
青山製図卒業生の子息子女、または在学生卒業生の兄弟姉妹の「優待制度申請」入学は、入学金の半額を免除いたします。
※免除額昼間部:12万円/夜間部:6万円/建築設計研究科:6万円
※「優待制度申請」は入学相談室までご連絡くださいますようお願い致します。☎ 0120-46-1080




7-1、専門実践教育訓練給付制度
<設定学科>
建築インテリアデザイン科教育訓練費用 1,934,920円
商空間デザイン科(ショップデザイン)教育訓練費用 1,998,518円
インテリア工学科【夜間】教育訓練費用 907,571円

建築設計デザイン科(建築デザインコース)教育訓練費用 1,852,229円
建築設計デザイン科(環境デザインコース)教育訓練費用 1,851,429円
建築科【夜間】養育訓練費用 827,071円


<給付金>
給付金認定訓練費用の50%を給付。 
訓練を終了し、資格取得等をし、終了から1年以内に就職につながった場合は、20%を追加し給付金認定訓練費用の70%(50%+20%)を給付(上限額有り)。

<支給対象者>
雇用保険の一般被保険者の方(在職者)、雇用保険の一般被保険であった方(離職者)が対象です。

<申請受講前の手続き>
この手続きは、原則本人の住所を管轄するハローワークへ、原則本人の方が受講開始日の1か月前まで厳守にて行う必要があります。

※詳しくは青山製図の「専門実践教育訓練 給付金のご案内」こちら☜

※厚生労働省公式サイト「専門実践教育訓練給付制度」をご確認ください。☜
※最寄りのハローワークはこちら☜





7-2、専門実践教育訓練支援給付金制度
<設定学科>
商空間デザイン科(ショップデザイン)
建築インテリアデザイン科

建築設計デザイン科(建築デザインコース)
建築設計デザイン科(環境デザインコース)

<給付金>
訓練期間中、基本手当の支給が受けられない期間について、雇用保険の基本手当の日額の半額を2か月ごとに給付。

<支給対象者>
初めて専門実践教育訓練(通信制、夜間制を除く)を受講する方で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす方が、訓練中、失業状態にある場合に支給されます。

<申請受講前の手続き>
この手続きは、原則本人の住所を管轄するハローワークへ、原則本人の方が受講開始日の1か月前まで厳守にて行う必要があります。

※厚生労働省 教育訓練制度をご確認ください。☜クリック



入学後のサポート

8、特待生制度《鹿光学園育英会》
2・3年次の授業料の内、昼間部:24万円 夜間部:12万円を免除いたします。
担任の推薦、書類審査、面接より選考。
1・2年次の学業成績の全履修科目、それぞれ年間評定平均値9.0以上の方、
かつ全学科が8.0以上の方。


9、【2級建築士合格保証制度】
「2年間の学費」を免除いたします。
建築設計研究科:990,600円×2倍(≒198万円)を免除。

別科:(ACC)青山コミュニティカレッジ:407,000円×2倍(≒81万円)(※学科+設計製図、年度で変更あり)を免除。

※建築設計研究科に1年間在籍(在籍時の前期出席率90%以上)した方が対象となります。

※二級建築士に合格できなかった方は、その後2年間まで学費免除で二級建築士取得に向けて、
建築設計研究科または別科:(ACC)青山コミュニティカレッジのどちらかで勉学を継続できます。




10、内部進学・再入学制度
「入学金」昼間部:24万円/夜間部:12万円を免除いたします。

当校に在籍していた学生本人である事。
※当校の除籍期間で別途規定があります。