文字サイズ

就職率・主な就職先

就職状況

「学歴、年齢に関係なく、本当に使える人材を厳選採用」これが多くの企業の基本姿勢です。
「どこの学校を出たか」ではなく、「何を学んだか」「何ができるか」で選ばれることを覚悟しなければなりません。
建築インテリア業界は、経済、オリンピック関連、東日本大震災の復興関連需要と、自然エネルギーを活用した環境設備の高まり等の好材料を受け、求人数は大幅に増加しています。今後もこの傾向は続くと予想されます。
さらに大きな特徴は、建築設計研究科への進学者がとても多いことです。
大変高い「2級建築士合格率」と「高就職率」の建築設計研究科へ進学者が増える傾向は、今後も続くと思われます。

就職先 業種別 比率

高い就職率

主な就職先 2017年3月卒業生

<建設会社・ハウスメーカー>
㈱アイダ設計、㈱アキュラホーム、㈱飯田産業、住友不動産㈱、住友林業ホームエンジニアリング㈱、大東建託㈱、松井建設㈱、㈱松尾工務店 他
<建築設計事務所>
㈱アルモ設計、㈱sai総合企画、㈱匠設計コンサルタント、㈱丸川建築設計事務所 他
<設備・リフォーム会社>
㈱インテリック空間設計、大橋エアシステム㈱、三機工業㈱、㈱雄電社、㈱リフォームキュー 他
<店舗・インテリア会社>
㈱C・P・O設計、㈱スペース、㈱住之江工芸、㈱清和ビジネス、㈱丸井グループ 他