文字サイズ

校長挨拶・教育理念・アドミッションポリシー・学校情報公開・沿革

校長挨拶

理事長・校長挨拶
本校が、多くの建築家やデザイナーを輩出し、専門学校として高い評価を得ているのは、過去600名に及ぶ教職員の努力、そして卒業生の活躍による賜物です。
学生が「青山製図専門学校で学んでいるから大丈夫」と胸を張って社会に羽ばたけるよう、私たちも学校教育の質をさらに高めていくことが使命と考えています。

鹿光学園 (ロクコウガクエン)青山製図専門学校
理事長・校長 山﨑 輝夫

アドミッションポリシー(青山製図が求める学生像)

●建築・インテリア分野に対して明確な志望動機と目的意識を持ち、
本校の教育理念と教育目標を理解する人物。
●目指す目標に対して旺盛なチャレンジ精神を持ち、
最後までやり遂げる意思を持つ人物。

教育理念

「教育基本法」に基づき、
●建築の原点、文化の本質を踏まえた教育。
●学生各人の個性や能力を見極めた指導。
●充実した授業を通じ、設計技術の確実な修得を目指す。
●職業人としての人間性、社会性の育成を重視する。

教育目標

教育理念の実現のための教育目標として、
「実践的技術力と知性・感性豊かな創造性を兼ね備えた実務能力を養い、
基礎教育と実技主体の実践教育を通して専門教育を徹底し、豊かな人間性に富んだ社会人を育成する。」

沿革

本校は開校以来、43年以上にわたって、建築・インテリアのプロフェッショナルを多数輩出しています。
建築への興味を夢や目標に変える場所として、さらなる教育水準の向上をめざしていきます。

1977.4青山製図学院として開校。
1982.2渋谷区猿楽町に2号館を竣工。
2専門学校として東京都より認可。校名を「青山製図専門学校」と改名。
1985.3学校法人として東京都知事から認可され、「学校法人鹿光学園」と称し、理事長に鹿野光雄が就任。
1986.4北海道札幌市に姉妹校「青山製図専門学校札幌校(現、青山建築デザイン・医療事務専門学校)」を開校。
10カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州立セルカークカレッジと姉妹校提携調印。
12建築設計・設備科(現、建築設計デザイン科)に2級建築士、木造建築士受験資格(実務1年)が、東京都知事より認定。
1987.12札幌校が学校法人として北海道庁から認可され、法人名を「学校法人北海道鹿光学園」と称する。
1988.1建築設計・設備科(現、建築設計デザイン科)、店舗設計デザイン科(現、商空間デザイン科)にインテリアプランナー受験資格(実務4年)が(財)建築技術教育普及センターより認定。
1989.12建築設計・設備科(現、建築設計デザイン科)、店舗設計デザイン科(現、商空間デザイン科)に2級建築士、木造建築士受験資格(実務0年)が東京都知事より認定。
1990.3渋谷区鶯谷町に、国際コンペによってデザインされた1号館竣工。
9店舗設計デザイン科(現、商空間デザイン科)に商業施設士受験資格(実務3年)が(社)商業施設技術者・団体連合会より認定。(1994年8月、実務1年に改認)
1991.3渋谷区鶯谷町に5号館竣工。
1992.3建築インテリアデザイン科に2級建築士・木造建築士受験資格(実務0年)が東京都知事より認定。
6建築設計・設備科(現、建築設計デザイン科)に1級建築士受験資格(実務4年)が建設省より認定。
7建築インテリアデザイン科にインテリアプランナー受験資格(実務4年)が(財)建築技術教育普及センターより認定。
1994.8渋谷区桜丘町に3号館竣工。
1995.1文部省告示により、2年課程卒業生に専門士(工業専門課程)の称号付与の認可。
11建築設計・設備科(現、建築設計デザイン科)に建築施工管理技士受験資格(1級・実務5年、2級・実務2年)が建設省より認定。
1996.9建築科(夜間部)、インテリア工学科(夜間部)に2級建築士、木造建築士受験資格(実務1年)が東京都知事より認定。
1998.7女子設計CAD科(現、CAD設計製図科)、建築科(夜間部)に2級建築士、木造建築士(それぞれ実務1年・0年)が東京都知事より認定。
12建築工学科、建築科(夜間部)、インテリア工学科(夜間部)に建築施工管理技士受験資格(1級・実務5年、2級・実務2年)が建設省より認定。
1999.2建築インテリアデザイン科に建築施工管理技士受験資格(1級・実務5年、2級・実務2年)が建設省より認定。
3建築工学科に、2級建築士、木造建築士受験資格(実務0年)が東京都知事より認定。
12建築工学科に1級建築士受験資格(実務3年)が建設省より認定。インテリア工学科(11年3月卒より)、建築科(13年3月卒より)、建築科(13年3月より)にインテリアプランナー受験資格(実務4年)が(財)建築技術教育普及センターより認定。
2002.5建築工学科に商業施設士受験資格(実務1年)が(社)商業施設技術者・団体連合会より認定。
9建築インテリア工学科に商業施設士受験資格(実務1年)が(社)商業施設技術者・団体連合会より認定。
10建築インテリア工学科に1級建築士受験資格(実務4年)が国土交通省より認定。
11建築インテリア工学科に建築施工管理技士受験資格(1級・実務5年、2級・実務2年)が国土交通省より認定。
12建築インテリア工学科に2級建築士受験資格(実務0年)が東京都知事より認定。
2003.3建築工学科、建築設計デザイン科、建築インテリア工学科、建築インテリアデザイン科、建築科(夜間部)、インテリア工学科(夜間部)に管工事施工管理技士受験資格(1級・実務5年、2級・実務2年)が国土交通省より認定。建築設計デザイン科、商空間デザイン科、建築インテリアデザイン科、建築科(夜間部)、インテリア工学科(夜間部)に商業施設士受験資格(実務1年)が(社)商業施設技術者・団体連合会より認定。
4建築工学科、建築設計デザイン科、建築インテリア工学科、商空間デザイン科、建築インテリアデザイン科、CAD設計製図科、建築科(夜間部)、インテリア工学科(夜間部)にインテリア設計士資格検定試験1級受験資格(実務2年)が(社)日本インテリア設計士協会より認定。
7建築工学科、建築設計デザイン科、建築科(夜間部)に設備士受験資格(実務4年)が(社)空気調和・衛生工学会より認定。
10建築インテリア工学科にインテリアプランナー受験資格(実務3年)が(財)建築技術教育普及センターより認定。
2008.2渋谷区桜丘町に新3号館竣工。
12建築士法の改正に伴い、建築士試験の受験資格要件が指定科目制となり、(財)建築技術教育普及センターにより審査確認され、 建築インテリア工学科(1級・実務3年)、建築科(夜間部)(1級・実務4年)、インテリア工学科(夜間部)(2級・実務0年) が新たに認定。
2014. 4「職業実践専門課程」校に文部科学省認定。
2016.10「専門実践教育訓練給付制度」校 厚生労働省認定
2019.10「高等教育の修学支援制度」校 東京都認定