文字サイズ

建築学部 建築工学科について

建築工学科について
1級建築士になるための、建築工学科!

1級建築士/2級建築士<実務0年で>卒業の年に受験できます。

最大の特長は大学以上の実習、演習を実施し、実践力と高度なCAD、CGソフトによる設計プレゼンテーション能力を養成します。

初心者でも文系理系を問わず、1級建築士/2級建築士を目指せる建築工学科です。

建物、都市計画、ランドスケープまで。インターンシップでの実践と建築構造力学に加え、建築士受験対策も受けられます。

卒業後、在学中で2級建築士取得を目指す「建築設計研究科」へ進学できます。
入学手続および学費はこちら

めざす資格 認定受験資格

1級建築士
2級建築士
木造建築士
1級建築施工管理技士
2級建築施工管理技士
1級管工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
建築設備士
インテリアプランナー
商業施設士
1級インテリア設計士

めざす資格 在学中に受験可能な資格

2級建築施工管理技士(学科試験)
福祉住環境コーディネーター2・3級
CAD利用技術者試験1・2級
ビジネス能力検定1~3級
インテリアプランナー
インテリアコーディネーター
2級インテリア設計士
宅地建物取引主任者

将来の職種

意匠設計
構造設計
施工管理
積算
企画
設備設計
技術営業
建築デザイナー
インテリアデザイナー
CADデザイナー
CGデザイナー
CGクリエイター
空間デザイナー
ショップデザイナー
エクステリアデザイナー

将来の職場

建築設計事務所
建築企画会社
建築設備設計事務所
建設会社
設備会社
リフォーム会社
住宅メーカー
住宅設備メーカー
不動産会社
建材メーカー
目指せる資格一覧表はこちら

建築工学科の3つのポイント

POINT1基礎から都市計画まで幅広く
建築の基礎的な知識と技術を身に着け、建物づくりや街づくり、ランドスケープまで幅広く学びます。
また、実践力を重視し、CADやCGほかBIM Revitソフトを活用したプレゼンテーション技術を学びます。
ます。
POINT22級建築士対策から1級建築士を目指す

卒業時に2級建築士と1級建築士の受験資格が得られます。
将来の1級建築士取得(登録は卒業後に実務3年必要)へのステップアップとして、
まずは2級建築士の資格取得に向けたカリキュラムを設定しています。
POINT3インターンシップ制度

設計事務所や建築会社での就業体験ができるインターンシップ制度を活用し、実務の仕事が持つ楽しさや厳しさの両面を実感できます。

3年間のカリキュラム

1年次

最小限住宅の設計:2人のための住処
最小限住宅の設計:2人のための住処

進級制作:集合住宅と店舗の設計
進級制作:集合住宅と店舗の設計
理論:初めて建築に接する人でも分かりやすいように、建築法規・建築計画・構造力学などを基礎からしっかり学び、2年・3年へのステップアップに備えます。

実技:製図の基礎からスタートし、建築製図などを通して、住宅や中規模の建築物の設計まで一通りマスターしていきます。
また建築CADの基本操作も修得します。

資格:在学中に2級建築施工管理技士の学科試験に挑戦します。

●主なカリキュラム
専門理論
建築史
建築計画Ⅰ
広域建築実務Ⅰ
建築環境工学Ⅰ
建築法規Ⅰ
建築空調衛生設備Ⅰ
建築電気設備Ⅰ
建築構造力学Ⅰ
建築一般構造Ⅰ
専門実技
建築製図Ⅰ
建築製図Ⅱ
建築設計Ⅰ
建築CAD演習Ⅰ
建築課題研究Ⅰ

2年次

図書館の設計
図書館の設計

小学校の設計
小学校の設計
理論:大規模建築物の設計に必要とされる専門理論、および工事監理に必要とされる実践理論を学びます。

実技:大規模建築物の設計技法を中心に専門実技を学び、更に画像加工ソフトやBIM等の先進ソフトの修得を図ります。

インターンシップ
:希望する職種をもとに、建築設計事務所や建築会社の設計部などで、2週間程度の就業体験をします。

●主なカリキュラム
専門理論
建築計画Ⅱ
建築環境工学Ⅱ
建築法規Ⅱ
建築構造力学Ⅱ
建築一般構造Ⅱ
建築材料
建築施工
広域建築実務Ⅱ
専門実技
建築計画演習
建築設備設計
建築設計Ⅱ
デジタルデザインⅠ
建築課題研究Ⅱ

3年次

ランドスケープデザイン:キャットストリート
ランドスケープデザイン:キャットストリート

卒業制作
卒業制作
理論:都市計画などの発展的理論を学びます。さらに1級建築士の早期取得のため建築士講座で、受験対策授業を行います。

実技
:「建築設計Ⅲ」では、大型の再開発プロジェクトや、街づくり等の都市計画規模の課題に取り組みます。
また卒業制作では、学生一人ひとりが自由にテーマを選択した設計課題を、実務で設計する過程を踏まえながらより実践的に研究します。

●主なカリキュラム
専門理論
都市計画
建築講座計画A
建築講座計画B
建築講座法規
建築講座構造
建築講座施工
広域建築実務Ⅲ
専門実技
都市計画演習
建築設計Ⅲ
建築インテリア設計
建築講座設計製図
デジタルデザインⅡ
建築課題研究Ⅲ
卒業制作
一般教養
ビジネス実務
このページの先頭へ戻る

時間割(例)

1年次
時間/曜日
1限目(9:20~10:50)前期建築製図Ⅰ建築環境工学I建築構造力学Ⅰ建築設計Ⅰ建築一般構造Ⅰ
後期建築空調
衛生設備Ⅰ
建築CAD演習I建築製図Ⅱ建築設計Ⅰ建築電気設備Ⅰ
2限目(11:00~12:30)前期建築製図Ⅰ建築史建築計画Ⅰ建築設計Ⅰ建築空調
衛生設備Ⅰ
後期建築計画Ⅰ建築CAD演習Ⅰ建築製図Ⅱ建築設計Ⅰ建築史
3限目(13:20~14:50)前期建築CAD演習Ⅰ建築法規Ⅰ建築課題研究Ⅰ建築設計Ⅰ
後期建築法規Ⅰ建築構造力学Ⅰ建築課題研究Ⅰ建築設計Ⅰ
4限目(15:00~16:30)前期建築CAD演習Ⅰ広域建築実務Ⅰ建築課題研究Ⅰ建築設計Ⅰ
後期建築一般構造Ⅰ広域建築実務Ⅰ建築課題研究Ⅰ建築設計Ⅰ
2年次
時間/曜日
1限目(9:20~10:50)前期建築計画Ⅱデジタル
デザインⅠ
建築一般構造Ⅱ建築設計Ⅱ建築設備設計
後期建築材料デジタル
デザインⅠ
建築施工建築設計Ⅱ建築法規Ⅱ
2限目(11:00~12:30)前期建築計画演習デジタル
デザインⅠ
建築構造力学Ⅱ建築設計Ⅱ建築施工
後期建築設備設計デジタル
デザインⅠ
建築構造力学Ⅱ建築設計Ⅱ建築環境工学Ⅱ
3限目(13:20~14:50)前期広域建築実務Ⅱデジタル
デザインⅠ
建築課題研究Ⅱ建築設計Ⅱ
後期建築計画Ⅱデジタル
デザインⅠ
建築課題研究Ⅱ建築設計Ⅱ
4限目(15:00~16:30)前期広域建築実務Ⅱ建築法規Ⅱ建築課題研究Ⅱ建築設計Ⅱ
後期建築計画演習広域建築実務Ⅱ建築課題研究Ⅱ建築設計Ⅱ
3年次
時間/曜日
1限目(9:20~10:50)前期建築講座
設計製図
建築講座構造デジタル
デザインⅡ
建築設計Ⅲ都市計画
後期建築講座
設計製図
都市計画デジタル
デザインⅡ
卒業制作建築講座法規
2限目(11:00~12:30)前期建築講座
設計製図
建築講座施工デジタル
デザインⅡ
建築設計Ⅲ都市計画演習
後期建築講座
設計製図
都市計画演習デジタル
デザインⅡ
卒業制作建築講座計画B
3限目(13:20~14:50)前期建築
インテリア設計
建築講座計画A建築課題研究Ⅲ建築設計Ⅲ
後期ビジネス実務建築講座施工建築課題研究Ⅲ卒業制作
4限目(15:00~16:30)前期建築
インテリア設計
建築講座法規建築課題研究Ⅲ建築設計Ⅲ
後期建築講座構造広域建築実務Ⅲ建築課題研究Ⅲ卒業制作
※1時限=90分
※9:10~9:20の間はH・Rとなります。
授業時間総計3,716時間

学生に聞く!

建築工学科イメージ
建築工学科 3年 
松田 卓也さん
西武台千葉高等学校出身
この学科の特徴や良いところは?
他学科よりもカリキュラムが豊富で、色々なことが学べる3年制なので、建築の理解を深めたい、学ぶ意欲の高い学生が多いです。
そのせいか作品の完成度もレベルが高いですね。

印象に残っている授業は?
建築の歴史を中心に学ぶ「建築史」という授業です。
「今見ている建物はすべて過去のもの。そこに私たちが歴史を重ねていく」という考え方は、自分が建築を学ぶときの支店や、課題に取り組む際の姿勢を明確にしてくれました。

卒業後はどんな仕事をしたい?
住みやすい街とは、プライベートと公共の空間がバランス良く保たれていると思うので、それを意識したマンションを設計したいです。
そしていつかは都市全体のデザインも手がけられたら、と思います。
当面はその実現に必要な2級・1級建築士の資格取得が目標ですね。

ーこの学科ならではの授業は?ー

建築工学科イメージ
建築設計Ⅲ
都市計画は、❝街づくり❞とも言い換えられるスケールの大きなプランニングです。より豊かで過ごしやすい理想的な空間を、グループのメンバーと繰り返し検討し、提案します。単一の建物設計するのとは違い、広い視野で都市の景観をイメージする力が鍛えられますね。
1級建築士 1級施工管理技士 長谷川健二さん

現在のお仕事の内容は?
元々は、青山製図を卒業して設計事務所で住宅の設計の仕事をしていたのですが、施工の仕事の楽しさに目覚めて、現在はオーダーメイドのデザイン住宅を専門とする会社で住宅の施工全体を行っています。ひと言で言えば施工部門の総合監督といったポジションになるでしょうか。
長谷川健二さん4
仕事のやりがい、苦労したことは?
一軒一軒の家が、すべてオリジナルの設計ですので、任されている責任感が、プレッシャーであったり、やりがいになっています。施工精度・予算・工程管理をするのが仕事ですが、職人さんのほとんどが年上なので気を遣いますね。反面、一人ひとりの能力を上手に引き出し、チームをまとめていく面白さもあります。つくる家は毎回違い、工法も当然違ってきますので、毎回初めての体験になり、いつも新鮮さを感じています。

青山製図への入学の動機と、学校生活の様子を教えてください。

建築の世界に憧れていたので、進路は大学よりもやりたいことに集中できる専門学校と決めていました。青山製図を選んだ理由は3年間じっくり学べる建築工学科があったからです。授業で特に印象に残っているのは製図。そこで一本の線が持つ重みを知りました。建築のプロである先生から、サッと引く一本の線にも意味があることを教わり、そのプロとしてのこだわりの精神が今の仕事にも活きています。

今後の目標や、やってみたいことは?
住まいは大きな買い物ですから、お客様の注文も厳しくなります。みなさんに喜んでいただけるよう、これからも一軒一軒を丁寧につくり続けていきたいと思います。

ADVICE

この分野を目指す方へ
長谷川さんからアドバイス!

技術や知識はもちろん、それを支える精神的な強さも必要です。建築の世界も毎日が勉強です。時には大変な事もあるかもしれませんが、建築が「好きだ」という気持ちを忘れなければ頑張れます。
長谷川健二さん2
長谷川健二さん3