文字サイズ

建築学部 建築工学科について

建築工学科について
1級建築士になるための、建築工学科!

2級建築士受験は<実務0年>で、1級建築士は<実務3年>で受験できます。

最大の特長は大学以上の実習、演習を実施し、実践力と高度なCAD、CGソフトによる設計プレゼンテーション能力を養成します。

初心者でも文系理系を問わず、1級建築士を目指せる建築工学科です。

1級・2級建築士受験・職業実践専門課程認定学科です。

建物、都市計画、ランドスケープまで。インターンシップでの実践と建築構造力学に加え、建築士受験対策も受けられます。

卒業後、在学中の2級建築士取得を目指す「建築設計研究科」へ進学できます。
入学手続および学費はこちら

めざす資格 認定受験資格

1級建築士
2級建築士
木造建築士
1級建築施工管理技士
2級建築施工管理技士
1級管工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
建築設備士
インテリアプランナー
商業施設士
1級インテリア設計士

めざす資格 在学中に受験可能な資格

2級建築施工技術検定(学科)
福祉住環境コーディネーター2・3級
CAD利用技術者試験1・2級
ビジネス能力検定1~3級
インテリアプランナー
インテリアコーディネーター
2級インテリア設計士
宅地建物取引主任者

将来の職種

意匠設計
構造設計
施工管理
積算
企画
設備設計
技術営業
建築デザイナー
インテリアデザイナー
CADデザイナー
CGデザイナー
CGクリエイター
空間デザイナー
ショップデザイナー
エクステリアデザイナー

将来の職場

建築設計事務所
建築企画会社
建築設備設計事務所
建設会社
設備会社
リフォーム会社
住宅メーカー
住宅設備メーカー
不動産会社
建材メーカー
目指せる資格一覧表はこちら

建築工学科の3つのポイント

POINT1「建物づくり」と「街づくり」

建築の基礎的な知識と技術をイチから身につけ、建物づくり・街づくり・都市づくりまで学びます。
また、2級建築士の資格取得に向けたカリキュラムを設定しています。
POINT2高度なプレゼンテーション技術

実践的な内容を重視した授業では、実社会で活用されているCADやCGの技術を生かして、設計表現ができるプレゼンテーション能力を養成します。
POINT3インターンシップ制度

設計事務所や建築会社での就業体験ができるインターンシップ制度を活用し、実務の仕事が持つ楽しさや厳しさの両面を実感できます。

3年間のカリキュラム

1年次

最小限住宅の設計:2人のための住処
最小限住宅の設計:2人のための住処

進級制作:集合住宅と店舗の設計
進級制作:集合住宅と店舗の設計
理論:初めて建築に接する人でも分かりやすいように、建築法規・建築計画・構造力学などを基礎からしっかり学び、2年・3年へのステップアップに備えます。

実技:製図の基礎からスタートし、建築製図などを通して、小規模から中規模の建築物の設計をマスターしていきます。また建築CADの基本操作を修得します。

資格:在学中に福祉住環境コ-デイネータ-3級の資格取得を目指します。

●主なカリキュラム
専門理論
建築史
建築計画Ⅰ
福祉住環境計画
建築環境工学Ⅰ
建築法規Ⅰ
建築空調・衛生設備
建築電気設備
建築構造力学Ⅰ
建築一般構造Ⅰ
専門実技
建築基礎製図
設計製図Ⅰ
設計製図Ⅱ
建築設計Ⅰ
建築CAD演習Ⅰ
建築課題研究Ⅰ

2年次

図書館の設計
図書館の設計

小学校の設計
小学校の設計
理論:大規模建築物の設計に必要とされる専門理論、および工事監理に必要とされる実践理論を学びます。

実技:大規模建築物の設計技法を中心に専門実技を学び、更に建築CADやCG技術を修得します。

インターンシップ
:希望者を募集し、建築設計事務所や建築会社の設計部などで、2週間程度の就業体験をします。

●主なカリキュラム
専門理論
建築計画Ⅱ
建築環境工学Ⅱ
建築法規Ⅱ
建築構造力学Ⅱ
建築一般構造Ⅱ
建築材料
建築施工
建築積算
専門実技
建築計画演習
建築設備設計
建築設計Ⅱ
デジタルデザインⅠ
建築作品研究
建築課題研究Ⅱ

3年次

ランドスケープデザイン:キャットストリート
ランドスケープデザイン:キャットストリート

卒業制作
卒業制作
理論:建築構造力学III・建築環境工学IIIなどの発展的理論を学びます。さらに2級建築士取得のために建築士講座で、受験対策を研究します。

実技
:建築設計にプラスして、都市計画という街づくりの手法を学びます。また卒業制作では、学生一人ひとりが選択した設計課題を、実際に設計する過程を踏まえながらより実践的に研究します。

●主なカリキュラム
専門理論
都市計画
建築環境工学Ⅲ
建築構造力学Ⅲ
建築士講座・学科
専門実技
都市計画演習
建築設計Ⅲ
建築インテリア設計
建築士講座・製図
建築測量
建築材料実験
建築課題研究Ⅲ
デジタルデザイⅡ
卒業制作
一般教養
ビジネス実務・表現、
社会人教育
このページの先頭へ戻る

時間割

1年次
時間/曜日
1限目(9:20~10:50)前期建築CAD演習Ⅰ建築構造力学I建築史建築設計Ⅰ建築製図Ⅰ
後期建築CAD演習Ⅰ建築構造力学I建築史建築設計Ⅰ建築製図Ⅱ
2限目(11:00~12:30)前期建築CAD演習Ⅰ建築一般構造Ⅰ建築計画Ⅰ建築設計Ⅰ建築製図Ⅰ
後期建築CAD演習Ⅰ建築一般構造Ⅰ建築計画Ⅰ建築設計Ⅰ建築製図Ⅱ
3限目(13:20~14:50)前期建築空調・衛生設備建築法規Ⅰ建築課題研究Ⅰ建築設計Ⅰ
後期建築空調・衛生設備建築法規Ⅰ建築課題研究Ⅰ建築設計Ⅰ
4限目(15:00~16:30)前期建築電気設備自主研究建築課題研究Ⅰ自主研究
後期建築環境工学I自主研究建築課題研究Ⅰ自主研究
2年次
時間/曜日
1限目(9:20~10:50)前期建築計画Ⅱ建築構造力学Ⅱ建築設備設計建築設計ⅡデジタルデザインⅠ
後期建築計画Ⅱ建築構造力学Ⅱ建築設備設計建築設計ⅡデジタルデザインⅠ
2限目(11:00~12:30)前期建築計画演習建築施工建築環境工学Ⅱ建築設計ⅡデジタルデザインⅠ
後期建築計画演習建築施工建築積算建築設計ⅡデジタルデザインⅠ
3限目(13:20~14:50)前期建築法規Ⅱ建築設計Ⅱ建築課題研究Ⅱ建築設計Ⅱ
後期建築法規Ⅱ建築設計Ⅱ建築課題研究Ⅱ建築設計Ⅱ
4限目(15:00~16:30)前期建築一般構造Ⅱ建築設計Ⅱ建築課題研究Ⅱ建築設計Ⅱ
後期建築材料建築作品研究建築課題研究Ⅱ建築設計Ⅱ
3年次
時間/曜日
1限目(9:20~10:50)前期都市計画建築構造力学ⅢデジタルデザインⅡ建築設計Ⅲ建築設計Ⅲ
後期都市計画建築構造力学ⅢデジタルデザインⅡ卒業制作卒業制作
2限目(11:00~12:30)前期都市計画演習建築構造力学ⅢデジタルデザインⅡ建築設計Ⅲ建築環境工学Ⅲ
後期都市計画演習建築士講座・学科ビジネス実務・表現、社会人教育卒業制作卒業制作
3限目(13:20~14:50)前期建築インテリア設計建築士講座・製図建築課題研究Ⅲ建築設計Ⅲ
後期建築測量建築士講座・学科建築課題研究Ⅲ卒業制作
4限目(15:00~16:30)前期建築インテリア設計建築士講座・製図建築課題研究Ⅲ建築設計Ⅲ
後期建築材料実験建築士講座・学科建築課題研究Ⅲ卒業制作
※1時限=90分
※9:10~9:20の間はH・Rとなります。
建築工学科3年向山雄之助さん

建築業界に進もうと思った理由は?
父親が建築関係の仕事をしており、その手伝いをしているうちに自然と建築に興味を持ちました。家族の勧めもあり、将来は建築の道に進もうと決めたのは高校3年のときです。

青山製図を選んだ理由を教えてください。

大学では遊んでしまうと思い、建築関係の専門学校を数校検討していましたが、青山製図に心が決まったのは体験入学です。製図やパソコンの実習体験で、先生がとても親切な印象を受けました。ここなら頑張れると思ったのです。
建築工学科イメージ
さらにこの学科を選んだ理由は?
3年間たっぷり学べるからです。2年制だとやっと慣れたと思ったら最終学年で就職活動もあります。将来の準備をしながら腰を落ち着けて建築を勉強したいと思っていた僕にとって、3年制の建築工学科は最適でした。この学科では建築が都市計画など広い分野にわたる仕事であることも学べ、さらに興味が深まりました。

授業やクラスの雰囲気を教えてください。
とにかく先生がみんな個性的。パワーのある方ばかりなので授業が飽きません。わからない人のペースに合わせて教えてくれますが、全部の科目がどこかでつながっているので、おいていかれないように、学校を休まないことを気をつけています。クラスメイトとも教え合ったり、一緒に頑張る良い雰囲気があります。

今後の目標を教えてください。
3年間勉強した成果を資格という形で残したいので、合格率の高い研究科に進む予定です。その意味で近い将来の目標は2級建築士の資格取得です。社会に出てから取るのは大変なので、なんとしても1回で合格したいと思っています。

入学を考えている後輩の方へメッセージをお願いします。

将来の夢や目標を明確に持っている人は素晴らしいと思います。ただ中には、「何となく建築」という人もいるでしょう。そんな人でも興味があって、休まずに続けられれば大丈夫。青山製図ならグングン引っ張っていってくれますよ。

PICKUP

ある日の授業ー卒業制作ー
これまでの勉強の総仕上げとしての課題です。学生たちが作りたいものを自由にテーマ設定をして設計をします。大規模なものも多いため、何カ月もかけて取り組んでいます。
建築工学科PICKUPイメージ2
建築工学科PICKUPイメージ1
1級建築士 1級施工管理技士 長谷川健二さん

現在のお仕事の内容は?
元々は、青山製図を卒業して設計事務所で住宅の設計の仕事をしていたのですが、施工の仕事の楽しさに目覚めて、現在はオーダーメイドのデザイン住宅を専門とする会社で住宅の施工全体を行っています。ひと言で言えば施工部門の総合監督といったポジションになるでしょうか。
長谷川健二さん4
仕事のやりがい、苦労したことは?
一軒一軒の家が、すべてオリジナルの設計ですので、任されている責任感が、プレッシャーであったり、やりがいになっています。施工精度・予算・工程管理をするのが仕事ですが、職人さんのほとんどが年上なので気を遣いますね。反面、一人ひとりの能力を上手に引き出し、チームをまとめていく面白さもあります。つくる家は毎回違い、工法も当然違ってきますので、毎回初めての体験になり、いつも新鮮さを感じています。

青山製図への入学の動機と、学校生活の様子を教えてください。

建築の世界に憧れていたので、進路は大学よりもやりたいことに集中できる専門学校と決めていました。青山製図を選んだ理由は3年間じっくり学べる建築工学科があったからです。授業で特に印象に残っているのは製図。そこで一本の線が持つ重みを知りました。建築のプロである先生から、サッと引く一本の線にも意味があることを教わり、そのプロとしてのこだわりの精神が今の仕事にも活きています。

今後の目標や、やってみたいことは?
住まいは大きな買い物ですから、お客様の注文も厳しくなります。みなさんに喜んでいただけるよう、これからも一軒一軒を丁寧につくり続けていきたいと思います。

ADVICE

この分野を目指す方へ
長谷川さんからアドバイス!

技術や知識はもちろん、それを支える精神的な強さも必要です。建築の世界も毎日が勉強です。時には大変な事もあるかもしれませんが、建築が「好きだ」という気持ちを忘れなければ頑張れます。
長谷川健二さん2
長谷川健二さん3