文字サイズ
建築設計デザイン科 2年制

建築設計研究科へ進学できます。
専門実践教育訓練給付金・支援給付金認定

建築工学科 3年制☜はこちら

建築設計デザイン科

建築学部 建築設計デザイン科について

建築設計デザイン科について
2年間で建築の基礎から実践力まで身につける

建築学部の作品・プレゼンテーション・校外授業は☜こちら

2年次から「建築デザインコース」又は「環境デザインコース」に分かれ、より専門的に学ぶ学科です。

1級建築士2級建築士が<実務0年>で受験できます(1級は登録に実務3年必要)。

初心者の方でも普通系、文系理系を問わず学べる、社会で早く活躍したい方への建築設計デザイン科です。

「建築デザインコース」では意匠設計を学びます。

最新CADによる、集合住宅・図書館・美術館・オフィスビルの応用テクニックまで学びます。

「環境デザインコース」では地球環境にやさしい環境デザイン・リノベーション設計と、高度な空調・給排水・電気を中心に学びます。

建築設計デザイン科の2コースは卒業後、在学中に2級建築士取得を目指す「建築設計研究科」へ進学できます(内部選考あり)。

入学手続および学費はこちら

めざす資格 認定受験資格

1級建築士
2級建築士
木造建築士
1級建築施工管理技士
2級建築施工管理技士
1級管工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
建築設備士
インテリアプランナー
商業施設士
1級インテリア設計士

めざす資格 在学中に受験可能な資格

2級建築施工管理技士(学科試験)
福祉住環境コーディネーター2・3級
CAD利用技術者試験1・2級
ビジネス能力検定1~3級
商業施設士補
インテリアプランナー
インテリアコーディネーター
2級インテリア設計士
宅地建物取引主任者
マンションリフォームマネジャー

将来の職種

意匠設計
構造設計
施工管理
積算
企画
設備設計
技術営業
CAD設計

将来の職場

建築設計事務所
建築企画会社
建築設備設計事務所
建設会社
設備会社
リフォーム会社
住宅メーカー
住宅設備メーカー
不動産会社
建材メーカー
目指せる資格一覧表はこちら

建築設計デザイン科の3つのポイント

POINT1最短での2年間で2級建築士・1級建築士取得を目指す
最短となる2年間で2級建築士・1級建築士の受験資格が得られます(1級建築士の登録は卒業後に実務4年必要)。社会的な評価と信用が得られ、仕事の幅が広がります。
POINT2「建築デザインコース」「環境デザインコース」でより専門的に
2年次から、意匠設計を中心に学ぶ「建築デザインコース」と、エコデザイン等の建築環境を中心に学ぶ「環境デザインコース」に分かれ、専門的な知識を深めます。
※コースの選択は本人の希望を重視しますが、教室の席数などにより希望に沿えない場合があります。
POINT3最新のCAD・BIMを学ぶ
製図の基本的な演習に加え、最新のCADCG
BIMを学ぶことで、実社会ですぐに役立つ実践的な力を養います。

2年間のカリキュラム

1年次※2年次から「建築デザインコース」と「環境デザインコース」に分かれます。

最小限住宅の設計:2人のための住処
最小限住宅の設計:2人のための住処

進級制作:集合住宅と店舗の設計
進級制作:集合住宅と店舗の設計
理論:初めて建築を学ぶ方のために、建築史・法規・構造力学などを基礎から分かりやすく学習していきます。

実技:住宅・ビルなどの建築設計製図を中心に、専門実技を学んでいきます。
技術修得の進度に応じて、課題内容もより高度に、より専門的になっていきます。
またCADの実践的操作を修得します。

資格:在学中に2級建築施工管理技士の学科試験に挑戦します。

●主なカリキュラム
専門理論
建築史
建築計画Ⅰ
広域建築実務Ⅰ
建築環境工学Ⅰ
建築法規Ⅰ
建築空調衛生設備Ⅰ
建築電気設備Ⅰ
建築構造力学Ⅰ
建築一般構造Ⅰ
専門実技
建築製図Ⅰ
建築製図Ⅱ
建築設計I
建築CAD演習Ⅰ
建築課題研究I

2年次 建築デザインコース

傾斜地に建つ美術館の設定
傾斜地に建つ美術館の設定

卒業制作
卒業制作

■意匠設計を中心に建築をオールラウンドに学びます。

理論
:建築計画・建築法規・建築構造力学などを更に詳しく学びます。
また、施工材料など、建築工事に必要な実践的知識の強化も図ります。

実技:最新ソフトであるBIM等を使って、公共建築物の設計技法を学びます。
そして2年間の学習の集大成として、卒業制作でより実践的な設計技能を身につけます。

●主なカリキュラム
専門理論
建築計画Ⅱ
建築環境工学Ⅱ
建築法規Ⅱ
建築構造力学Ⅱ
建築一般構造Ⅱ
建築材料
建築施工
広域建築実務Ⅱ
専門実技
建築計画演習
設計演習
建築設計Ⅱ
建築総合設備演習
デジタルデザインⅠ
建築課題研究Ⅱ
卒業制作
一般教養
ビジネス実務

2年次 環境デザインコース

海辺に建つ住宅の設計
海辺に建つ住宅の設計

卒業制作
卒業制作
■エコデザイン及び設備を中心に学びます。

理論
:環境にやさしい省エネ技術やパッシブデザイン(自然エネルギーを活かした設計)を研究します。
また空調・電気等の建築設備について、より高度に学びます。

実技
:デジタル環境設計・デジタルリノベーションでは、光・風といった自然エネルギーを、最新ソフトを使い、シミュレーションすることで可視化して学びます。

●主なカリキュラム
専門理論
建築計画Ⅱ
建築環境工学Ⅱ
建築法規Ⅱ
広域建築実務Ⅱ
建築空調衛生設備Ⅱ
建築電気設備Ⅱ
建築構造力学Ⅱ
建築一般構造Ⅱ
建築材料
建築施工
専門実技
デジタル環境設計
デジタルリノベーション
デジタルデザインⅠ
建築課題研究Ⅱ
卒業制作
一般教養
ビジネス実務

時間割(例)

1年次
時間/曜日
1限目(9:20~10:50)前期建築製図Ⅰ建築
構造力学I
建築
CAD演習Ⅰ
建築設計Ⅰ建築法規Ⅰ
後期建築製図Ⅱ建築空調
衛生設備Ⅰ
建築
構造力学Ⅰ
建築設計Ⅰ建築史
2限目(11:00~12:30)前期建築製図Ⅰ建築
環境工学Ⅰ
建築
CAD演習Ⅰ
建築設計Ⅰ建築史
後期建築製図Ⅱ建築
電気設備Ⅰ
建築法規Ⅰ建築設計Ⅰ建築計画Ⅰ
3限目(13:20~14:50)前期建築計画Ⅰ建築
一般構造Ⅰ
建築
課題研究Ⅰ
建築設計Ⅰ
後期建築
CAD演習Ⅰ
建築
一般構造Ⅰ
建築
課題研究Ⅰ
建築設計Ⅰ
4限目(15:00~16:30)前期建築空調
衛生設備Ⅰ
広域
建築実務Ⅰ
建築
課題研究Ⅰ
建築設計Ⅰ
後期建築
CAD演習Ⅰ
広域
建築実務Ⅰ
建築
課題研究Ⅰ
建築設計Ⅰ
2年次 建築デザインコース
時間/曜日
1限目(9:20~10:50)前期デジタル
デザインⅠ
建築施工建築
構造力学Ⅱ
建築設計Ⅱ設計演習
後期デジタル
デザインⅠ
建築総合
設備演習
建築法規Ⅱ卒業制作設計演習
2限目(11:00~12:30)前期デジタル
デザインⅠ
建築総合
設備演習
建築
一般構造Ⅱ
建築設計Ⅱ設計演習
後期デジタル
デザインⅠ
建築
構造力学Ⅱ
建築施工卒業制作建築計画Ⅱ
3限目(13:20~14:50)前期建築法規Ⅱ建築計画Ⅱ建築
課題研究Ⅱ
建築設計Ⅱ
後期建築
環境工学Ⅱ
建築材料建築
課題研究Ⅱ
卒業制作
4限目(15:00~16:30)前期広域
建築実務Ⅱ
建築
計画演習
建築
課題研究Ⅱ
建築設計Ⅱ
後期ビジネス実務広域
建築実務Ⅱ
建築
課題研究Ⅱ
卒業制作
※1時限=90分
※9:10~9:20の間はH・Rとなります。
※授業時間総計2,476時間
2年次 環境デザインコース
時間/曜日
1限目(9:20~10:50)前期建築法規Ⅱデジタル
リノベーション
建築空調
衛生設備Ⅱ
建築
一般構造Ⅱ
建築施工
後期建築
電気設備Ⅱ
建築材料建築空調
衛生設備Ⅱ
卒業制作デジタル
環境設計
2限目(11:00~12:30)前期建築
環境工学Ⅱ
デジタル
リノベーション
建築計画Ⅱ建築
電気設備Ⅱ
建築
構造力学Ⅱ
後期ビジネス実務建築施工建築法規Ⅱ卒業制作デジタル
環境設計
3限目(13:20~14:50)前期デジタル
デザインⅠ
デジタル
リノベーション
建築
課題研究Ⅱ
デジタル
環境設計
後期建築
構造力学Ⅱ
建築計画Ⅱ建築
課題研究Ⅱ
卒業制作
4限目(15:00~16:30)前期デジタル
デザインⅠ
広域
建築実務Ⅱ
建築
課題研究Ⅱ
デジタル
環境設計
後期建築
環境工学Ⅱ
広域
建築実務Ⅱ
建築
課題研究Ⅱ
卒業制作
※1時限=90分
※9:10~9:20の間はH・Rとなります。
※授業時間総計2,480時間

学生に聞く!

建築設計デザイン科インタビュー
建築設計デザイン科 
建築デザインコース 2年 
大塚 健悟さん
国士舘大学 文学部出身
この学科を選んだ理由は?
短期で集中して学び、資格の取得につなげたくて2年制の建築設計デザイン科を選びました。この学科は、2年次から「建築設計デザインコース」と「環境デザインコース」に分かれます。1年間かけて建築の基礎を勉強した上で、2年次に自分に合ったコースが選べるので、将来の方向性が定まっていない人でも安心して学べると思います。

将来はどんな仕事を希望している?
意匠設計に携わる仕事がしたいです。以前から建物を見ることは好きだったんですが、青山製図で設計を学ぶようになってからは、建築物の構造がどうなっているのか、ディテールや機能にも目を向け、設計者がどんな想いでデザインしたのかを考えるようになりましたね。将来の目標は、みんなの話題になるような大きな建築物の設計を担当することです。まずは2級建築士の資格を取り、その後1級建築士も視野に入れて頑張っていこうと思います。

学科選びで迷っている方へメッセージを
建築設計デザイン科は、設計のスキルからPCを使った図面作成、プレゼンテーションの実践まで、2年間で幅広い技術・能力が身につきます。先生方のご指導にも熱意が感じられ、わかるまでしっかり教えてくれるので、こちらもやる気がでます。卒業後は建築設計研究科に進めば、2級建築士取得をしっかりサポートしてくれるので、最短で確実に資格を取って社会に出たい人にはおすすめの学科です。

ー建築デザインコース 注目授業ー

建築設計デザイン科 建築デザインコース イメージ
建築設計Ⅱ
2年次は公共性の高い大型建築物の設計を学びます。
周辺環境や条件に配慮しつつ、建物の用途を想定し、コンセプトの立案から図面の作成を行います。

ー環境デザインコース 注目授業ー

建築設計デザイン科 建築デザインコース イメージ
エコデザイン演習
熱や光が建物に与える影響を考慮し、空間環境を改善するリノベーションに挑戦します。
図面やパースをBIMソフトで制作し、設計プランをつくります。
1級建築士 木村鉄哉さん

現在のお仕事の内容は?
基本構想から実施設計、現場管理、建築主対応まで仕事は多岐にわたります。会社は業界を代表する著名な建築家の事務所。ニューヨーク近代美術館(MoMA)など世界的な建築物も手掛けています。これまで様々な方々との出会いがあり、今はそのメンバーの一員として働けることに喜びと誇りを感じています。
長谷川健二さん4
仕事のやりがい、苦労したことは?
建築物の設計は、デザインや構造、コストなど様々な要素を深く、そして細部にわたって検討した結果、決定します。また施工段階に移っても現場での交渉や調整などタイムリミットが迫る中で行わなければなりません。そこには苦労を伴いますが、最終的に建築主はもちろん、プロジェクトに関わったすべての人に喜んでもらえる仕事ができれば最高だと思っています。

青山製図への入学の動機と、学校生活の様子を教えてください
大学の文系学部を出て一度就職しましたが、建築関係の仕事がどうしてもしたくて青山製図に入学しました。2級建築士の合格率が高かったことが一番の魅力だったと思います。設計演習で必死に考えた作品は、今でも迷ったときに立ち戻る原点になっています。仕事で行き詰まりそうになったときに、がむしゃらにがんばった青山製図時代を思い出すと元気が出てきますね。

今後の目標や、やってみたいことは?
年齢的には中堅世代に突入しようとしていますが、まだまだ勉強中です。「建築関係者」ではなく『建築家』として活躍できるよう、力をもっとつけていきたいと考えています。

ADVICE

この分野を目指す方へ
木村さんからアドバイス!

この世界で頑張っていくんだ、という決心を持つことが大事です。その決心を持続させていくこと。そうすればどんどん成長できます。そして自分に関わった先生や仲間たちを大切にしていきましょう。
木村さん2
木村さん3